株式会社ひむか流通ネットワーク

日本のひなた宮崎県

お知らせ

牛の分娩検知システム「牛わか」販売開始!

2021.4.13

『画像認識AIで牛の分娩兆候を検出するシステム「牛わか」』を発売


株式会社ひむか流通ネットワーク(本社:宮崎市、代表取締役:井口 博之)は、
北里大学獣医学部とノーリツプレシジョン株式会社(本社:和歌山市、代表取締役社長:星野 達也)が共同開発した、
牛の分娩検知システム「牛わか」を、南九州地域の養牛農家を対象に販売開始いたします。

これにより養牛農家では、これまで昼夜を問わず行われていた分娩監視にかかる労働負担が軽減するとともに、
分娩兆候通知メールによって適切な介助が実現することによって、分娩事故の低減が期待されます。

養牛農家において分娩時の牛の死廃事故は、経済的損失や精神的ダメージをもたらす重要な課題です。
近年、黒毛和種の妊娠期間は延長傾向にあるとの報告もあり、飼養者は分娩事故を防ぐために、
昼夜を問わない長期間の分娩監視を強いられており、過重な労働負担が大きな問題となっています。
そのため、分娩時期を特定し、分娩事故を低減するための技術が求められていました。

既存の対策技術としては、
監視カメラによる分娩監視の効率化や分娩前の体温変化に着目した分娩監視の取り組みが進められています。
監視カメラについては、分娩監視の効率化には寄与しているものの、常時監視からは解放されません。
種々のセンサーを牛体内・外に装着し、得られた情報から分娩兆候を捉え、飼養者に通知する技術が普及していますが、
衛生上の問題や装着にかかる労力、牛に対する負担など課題が残ります。

今回開発した『分娩検知システム(牛わか)』は、分娩予定牛を最新のサーマルカメラで監視し、
画像認識AI技術によって分娩前に特徴的な行動(分娩兆候)を検出したときに農家に自動通知することで、
適切な分娩介助を支援するものです。

本製品の導入により、分娩監視による労働負担の軽減や分娩事故の低減が期待されます。

株式会社ひむか流通ネットワークでは、
2019年から宮崎県内のモニター農場でこの『分娩検知システム(牛わか)』の実証を進めており、
その導入効果が確認されたことから、7月1日より南九州地域の養牛農家を対象に発売することとなりました。

ushiwaka_system
お問い合せ先
株式会社ひむか流通ネットワーク
経営企画部 浜田 和広
TEL:0985-64-1430

■牛わかの商品に関するページは、以下URLでご確認いただけます。
https://www.hdnc.jp/ushiwaka/

前ページへ戻る

ページ先頭へ戻る